忍者ブログ

上海留学覚書

上海の片田舎から日常生活(食事・酒・煙草・雑念など)について綴ります。

学食メシ19:招牌炸醤面






11元(約195円)

炸醤面については以前にも別の店のやつを紹介したことがありますが、写真の炸醤面は、
今学期(15年9月-16年1月)に新しく出来た店の招牌(おすすめメニュー)のひとつです。


器もなんとなくモダンで、醤(ここでは肉味噌ペースト)・香菜・青菜・キノコ類・花生(ピーナッツ)と具だくさんで、色も鮮やかです。食べるときには搅拌(かき混ぜる)しますが、このお店の醤はニンニクがきいており風味豊かで、とても美味しいです。あえて言えば、お白湯のような味のしない白濁スープが唯一の欠点でしょうか。


一般的に大学食堂は、一階が阿姨たちがプレートにご飯や野菜・炒め物をよそってくれる形式(合計で8元から10元くらい)で、二階も同じ形式のものもありつつ、個人が経営するお店(例えば沙县小吃、麻辣烫など)が並び(10元以上)、そして三階が餐厅(レストラン)になっていることが多いです。


私は食堂で食べることが多いので、どうしても飽きてくるのですが、個人経営の店は入れ替わりがはげしいので、儲からないとすぐに撤退しますなんとか毎回同じものを食べずに済んでいます。


ただ、来週から寒假(冬休み)が始まり、すでに多くの学生が帰省しているので、2階のお店はすでに閉められ(経営者や店員は実家に帰る)、
ますます食べるものが限られてきています。


最近は、饿了么(出前アプリ)外卖(デリバリー)なども頼むようになったのですが、よく考えると
配達をしてくれるお店も学校付近にあるので、学生の帰省にあわせて店を閉めてしまい、利用できる店も限られて来ると思います。どうやら自炊か近く全家(ファミマ)やスーパーに食料を買いに行くことになりそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
PR

コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
たけし
性別:
男性

上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)

新品価格
¥864から
(2016/3/21 21:07時点)

通信欄

ご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。宜しくお願いします。