忍者ブログ

上海留学覚書

上海の片田舎から日常生活(食事・酒・煙草・雑念など)について綴ります。

タクシー運転手との会話③



前回前々回は空港から自宅まで乗ったタクシーでの会話でした。今回は、日本へ帰る際に朝早かったので移動が面倒だったから、自宅から空港までローカルタクシーを利用した時の話です。昔はよく知り合いの紹介で黑车(白タク)を利用してたんですが、そう頻繁に帰ることはないのと、帰国したのが春節直後だったので、運転手さんも実家に帰省しているだろうと思い、ローカルタクシーに乗りました。


ローカルタクシーは、基本的に市内に乗り入れることが出来ません。交通量規制のためだと思います。ですからローカル⇔ローカルを移動する際に乗ることになるのですが、郊外にある浦東空港へも行くことが出来ますし、市内の有名タクシー会社と比べると、起步费(初乗り運賃)とその後のメーター加算も少し安く設定されています。


当日は午前中の便だったので、予約が出来ないかタクシー会社に連絡してみると、「予約は受け付けてない、当日出発の15分前に電話してくれれば手配する。」とのことでした。そして、当日朝7時出発だったので、6時45分に電話を入れると、その2分後にタクシーの運転手から、「もう着いたわよ!」と元気な声で電話がありました。


急いで道路に出ると、すでにローカル車(いまでもサンタナが多いです)が到着していました。運転手は四川省出身の30代女性でした。子供の話、旦那さんの話、家の購入の話、故郷の話など、色々と話してくれましたが、次回のエントリーで詳しく書きたいと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
PR

コメント

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
たけし
性別:
男性

上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)

新品価格
¥864から
(2016/3/21 21:07時点)

通信欄

ご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。宜しくお願いします。