忍者ブログ

上海留学覚書

上海の片田舎から日常生活(食事・酒・煙草・雑念など)について綴ります。

学食メシ13“意大利蛋炒飯とYuto Nagatomo”

 



意大利蛋炒饭(イタリア風炒飯) 7元(約115円)


この店では、注文を受けると店員のいかついお兄さんが、両手でコテを操りながら鉄板の上で、手早く炒飯を作ります。


出来上がると、スープと漬物(これは無料です)がつきます。


味はほんのり甘く、卵・青梗菜・人参が入っていて、食べやすい味です。量も結構あるので食べ盛りの若者にはちょうどよいかもしれません。私は若くないので全部は食べられません…。胃がもたれます…。


名前に「意大利」(イタリア)とついていながら、トマト風味もしませんし、イタリア人が作っているわけでもありません。イタリア的要素が何一つ見られないのです。この名前と中身のギャップがよいですね…。


イタリアつながりですが、昨年9月にイタリア人留学生(♀)と知り合いになりました。彼女はこちらに来たばかりだったので、色々と生活面で教えることがありましたが、その会話のなかで、彼女はミラノの出身であることがわかりました。


ミラノは、私の中では“ファッションの都”ではなく国际米兰(インテルミラノ)・AC米兰(ACミラン)などのサッカーチームが思い浮かびます。なので、彼女に聞いてみました。


「Yuto Nagatomoって知ってる?」


「もちろんよ。私と弟はミラニスタ(ミランのファン)で、叔父さんがインテリスタ(インテルのファン)なの。」と言っておりました。


その後「イタリア人にとってサッカーは生活の一部」とか、「ミラノダービーがあると家族で集まって観戦するけど、毎回揉める。などと話してくれました。


私としては、“Yuto Nagatomo”という言葉で会話が弾むなんて、素敵な世の中になったと思いました。今年はW杯もありますし、長友選手には(本田選手や日本代表にも)活躍してもらいたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
PR

コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
たけし
性別:
男性

上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)

新品価格
¥864から
(2016/3/21 21:07時点)

通信欄

ご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。宜しくお願いします。