忍者ブログ

上海留学覚書

上海の片田舎から日常生活(食事・酒・煙草・雑念など)について綴ります。

上海の住宅事情③結婚条件としての不動産



結婚する際の条件として、有车有房有存款が望ましいとされています。車・家・貯金、例えば20代の大学を出たての男性に求めるのは酷ですが、家族や親戚の協力によって、なんとかこれらを揃えるらしいです。



車や貯金はなんとかごまかせるなりますが、上海での家の購入はなかなか大変です。以前友人から聞いた話ですが、社会に出てまだ数年の男性が、付き合っている女性と結婚を決意したそうです。



女性の両親は、男性側に新居を要求しましたが、男性の家庭はそこまでの資金はなかったので、両親が今住んでいる家を売って、新居の購入資金を作ったそうです。



しかしながら、結婚の話は諸事情があり破談になったそうです…。もう悲劇というほかありません。新居を購入したとしても、新郎新婦は両親と同居確定…。



結婚する際に、家が必要でありながら、購入が困難なことは実は誰でも知っていることなのですが、面子を保つことの重要性、根強い"不動産信仰"、そして女性側の(家という財産があることに対する)安心感など、いくつかの理由によって、やはり家が必要だと認識されているようです。



では家がなくて、お金もない男子はどうするのか?基本的に結婚に対するハードルは上がりますが、世の中には「家はあるから、結婚してほしい」という女性も存在するのです。実は私も二度ほどお話をもらったことがあります。次回はその話について書きたいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
PR

コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
たけし
性別:
男性

上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)

新品価格
¥864から
(2016/3/21 21:07時点)

通信欄

ご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。宜しくお願いします。