忍者ブログ

上海留学覚書

上海の片田舎から日常生活(食事・酒・煙草・雑念など)について綴ります。

上海の人間模様①



①先日地下鉄1号線に乗っていると、ドアの前に赤いバケツを持ったおじさんが立っていました。バケツを車内に持ち込む人は結構いますが、それは蓝领(ブル―ワーカー)の方々が、仕事道具や水筒・衣服などを入れるのに使っています。ただ、そのおじさんはポロシャツに短パン、そして革靴を履いた普通のかっこうをした方で、どこかにお出かけの様子でした。


問題はそのバケツの中身、覗いてみると、水の中に何かうねうねしたものが動いています。田ウナギです…。おじさんは何食わぬ顔をしてましたが、どうやって手荷物検査を通ったのでしょうか。おじさんは上海火车站で降りて行きました…。


②昨日、大学内の売店の前で、「かわいい猫」と日本語で書かれた男子学生とすれ違いました。他にも、ドラえもんやハローキティーのTシャツを着た学生もちらほらいたりします。


ただ、分かりかねるのが、イギリスの国旗であるユニオンジャックをあしらったTシャツやシューズ、バイクなどを頻繁にみかけることです。近代某国にめちゃくちゃされたのに、あまり昔のことは気にしてないのでしょうか。オシャレなデザインとして認識しているのでしょうか。次回聞いてみたいと思います。




③先日、日本で地下鉄に乗ってある大学に向かっていると、学生と思われる方々がテキストやプリントを見ておりました。どうやら中間試験があるようで、隣の学生が見ているテキストが眼に入りました。中国語会話の教科書でした。「買い物」というテーマが記され、一行目に「小姐」とありました。シチュエーション的に「おい、姉ちゃん」という呼びかけの言葉です。


自他ともに認める(?)中国で最もスマートな都市、上海のお店やレストランで女性店員に「小姐」というと、野暮ったいやつ・イケてないやつと思われますのでご注意を。「服务员」と言うか、「你好」とか「点菜」(注文お願いします)などの言い方が一般的です。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
PR

コメント

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
たけし
性別:
男性

上海 - 多国籍都市の百年 (中公新書)

新品価格
¥864から
(2016/3/21 21:07時点)

通信欄

ご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にどうぞ。宜しくお願いします。